商品紹介文製作のコツ


商品を売るために必要なのは画像だけではなく、紹介文。すなわち「売り文句」です。

今の時代はひとつのことに対しての知識量がそのまま売上に反映する傾向にあるようで、作りこんでいるところは1商品に対し、最低でも500文字以上は使っています。

と言うのも、紹介文を読んでいるのは何も「お客様」だけではないということを念頭に置いた文章が求められていて、ちょっとマニアックな話になりますが、実は「検索エンジン」も紹介文を読んでいます(読み手がロボットなんで意味は通じてないでしょうが・・・)

検索エンジンは紹介文から単語を抜き取り「キーワード」として記憶していくので、文章量が多いとその分検索に引っかかりやすくなります(とは言っても、2000文字3000文字も使うと今度は実際のお客さんが読みづらくなるので、多くても1500字程度に納めたり、画像を入れ込んだりして文章を分割するなどして工夫しましょう)

参考にしたいのは楽天市場で確実に好調な売れ行きを見せていると思われているお店の商品紹介です。
あそこまでクドくする必要があるかといわれれば疑問ではあるものの、吸収できるポイントも多いのではないでしょうか。

是非一度確認してみる、競合商品を販売しているショップサイトを参考にしてみましょう。
ただ商品紹介のために説明文だけを並べているわけではないことが分かるはずです。

よく検索されるであろうワードを巧みに混ぜ込みながら、オリジナルの売り文句を考えていきましょう!

ショッピングカート

カラーミーショップなら・・・

低コスト 月額900円~
デザイン自由自在なカスタマイズ機能!
楽々商品・在庫管理!
ボタンひとつでモバイルサイトも製作!
お店とお揃いのブログも簡単作成!
30日間のお試し期間もついています!
カラーミーショップで簡単ネットショップ!


このページの先頭へ