ショップ運営に役立つサイト集

ありがたいことに、今ではネットショップ向けの素材集を配布されているサイト様もたくさん居られます。
ルールを守り、有効に使わせてもらいましょう!

この投稿の続きを読む »

カラーミーでスマートフォン対応ネットショップ!

ついにカラーミーショップにおいても、スマートフォン最適化でネットショップを作ることができるようになりました。
金額はモバイル版と同様無料となっており、テンプレートもあらかじめ用意されているので、まずは設定をして使えるようにしておきましょう。

この投稿の続きを読む »

カラーミーで簡単モバイルサイト!

カラーミーショップでは、PC用のショップページの他にモバイルサイトも作成することが可能です。これもショップブログと同様で追加金額は必要ありません。

この投稿の続きを読む »

有料のテンプレートについて

カラーミーショップでは、ついに有料テンプレートが公開され、これまでテンプレートの製作に苦労していた方や、無料テンプレートを扱いきれなかったにとってはある種朗報と言えるかもしれません。

では、この有料テンプレートは実際のところどうなのかを検証してみたいと思います。

この投稿の続きを読む »

カラーミーにおける画像貼り付けの謎

カラーミーショップでは最近追加された不思議な機能なのですが、画像アップロード機能を利用して画像をアップし、その画像を貼り付けようとした際に不思議な文字列がファイル名の末尾にくっついています。

abcd.jpg?20110101010101」のように、恐らく「貼り付けたい画像名+現在の時刻」だと思われますが、なぜこんな数字がついているのか、特にHTMLに慣れている方からすると不思議に感じることもあるのではないでしょうか。

この投稿の続きを読む »

テンプレート改造を楽にする方法

カラーミーショップにてネットショップを製作する際、ひとつの壁となるのがテンプレート製作になると言う声は非常に多く、当サイトでのお問い合わせに関しても最も多い感想です。

カラーミーショップのテンプレート製作はHTMLとCSSの知識が相応にないと扱いが難しく、入力部分も細かいため扱いづらいことから、製作を断念すると言うケースも多いようです。
これを少しでも緩和するために、ひとつの方法を紹介したいと思います。

この投稿の続きを読む »

テンプレート作成のよくあるミス

カラーミーショップで特に無料のテンプレートをカスタマイズする際、HTMLとスタイルシートを直接入力していかなくてはなりませんが、特に初心者の場合失敗しやすい点があります。

こちらでは最も多いと思われる「カラム落ち」について考えてみたいと思います。

この投稿の続きを読む »

テンプレート製作の小技

カラーミーショップのテンプレートは、smartyと言うPHPのテンプレートエンジンを採用しています。
よって、HTML記述の中にあまり見たことの無いようなタグやプログラム指定が入っていますが、それを利用することによって公式マニュアルには載っていないようなページ処理を加えることが可能になっています。

・・・とは言え、PHPを理解している必要がある上にかなり難解なので無理に覚える必要はありません。ここでは「こう言った方法が利用できますよ」程度の紹介ですのでご安心を。

この投稿の続きを読む »

ショップテンプレートを改造しよう

カラーミーショップでは、ショップデザインの際に最初から数種類のデザインテンプレートが用意されています。

デザイン無視でとにかく商品を出品したい。出品できれば全てOKと言うのであればそのまま使ってもいいのですが、本格的に作っていこうとするとお世辞にも使いやすいデザインとは言えません。HTMLやスタイルシートも結構無茶な組み方がしてあって、SEO対策的にもそんなによろしくはありません。

この投稿の続きを読む »

最低限覚えておきたいHTMLタグ

カラーミーショップのテンプレートだけではなく、1から全てHTMLを覚えてからサイトを作ろうと思うとかなりの時間がかかってしまいます。

まずは最低限のタグだけを理解し、既存テンプレートに意図した形でショップ独自の文章や画像、リンクを貼れるようになりましょう。
日々テンプレートを触っていれば、以降の事は自ずと理解できるようになるはずです。

この投稿の続きを読む »

サイトレイアウトを考えよう

さて、お店の内部が固まったらいよいよ見た目を考えていきましょう。

基本的に、ショップレイアウトと言うのは「かっこよさ」よりも「使いやすさ」を重視するべきです。どれだけ見た目の良いショップサイトでも、ショッピングカートの位置が分からなかったり、どこをクリックすればいいのか分からなかったりすると、速攻で「戻る」ボタンを押されてしまいます。

まずはライバル店やよく利用するショップサイトをたくさん見て研究してみましょう。

この投稿の続きを読む »

このページの先頭へ