ソーシャルブックマークへの登録・ソーシャルシェアボタンの設置

人気サイトであるかどうかを示す一つの指針として「ソーシャルブックマーク」「ソーシャルシェア」と言うものがあります。

ソーシャルブックマークとは、オンライン上で管理できるブックマーク(お気に入り)のことで、登録者はオンライン上でお気に入りの管理が出来るため、どのパソコンからでもスムーズにお気に入りサイトへ移動することが出来るようになる他、多くの人がこのブックマークを「一般公開」しているため、検索エンジンでの結果反映もされるようになります。

ソーシャルシェアというのは、TwitterやFacebook、mixiやLINEのような、いわゆるSNS上でWebサイトを紹介することをいいます。

この投稿の続きを読む »

「インターネットを使わない」宣伝方法

ネットショップがオープンし、最初は宣伝の日々が続きます。
SEO対策に励んでみたり、色んなリンク集に登録したり、相互リンクを申し込んでみたり、PPC広告に出稿してみたり・・・。

案外見落としがちなのですが、何も宣伝はネット上でしなければならないものではありません。
実店舗をお持ちの場合は新聞折込チラシの中にさりげなくURLを入れて集客を狙うと言うことはよくあるのですが、実店舗を持たず、ネットショップのみで展開している方からすれば、さすがにそこまでは・・・と思う人も多いのではないでしょうか。

別に新聞折込チラシやフライヤーレベルの物でなくとも、知り合いのお店やベンチャー系の仕事を応援してくれるお店に自作の広告を置いてもらうことは可能で、特に露出を増やしたい場合はネットの世界だけに終始せず、実際に外に出て広告を置いてもらえる場所を探すのもひとつの方法です。

この投稿の続きを読む »

雑誌掲載広告について

ショップ運営に慣れ、検索エンジンの順位も安定しだした辺りに、稀に雑誌広告関係のオファーが来ることがあります。
大抵の場合は取材などではなく、広告欄にサイト紹介を載せないか と言った内容になるかと思います。

この投稿の続きを読む »

口コミやソーシャルを利用した宣伝方法

ひとえに「人気ショップ」と言っても捉え方は色々あります。

例えば、SEO対策の結果検索順位が上位でアクセス数を多く稼げるショップはひとつの「人気ショップ」だと言えるし、逆に検索順位は低くとも、多くの人がお勧めをしてくれたり、ブログやホームページで紹介してくれたりすることから十分な集客が出来ているところも「人気ショップ」と言えるでしょう。

SEO対策による順位上昇とは違い、口コミによる集客は「純粋にファンが紹介してくれている」と言う性質があるところから、ショップの信用度が高く、アクセスに対しての収益見込みが大きくなっており、声の大きな人(例えば書籍関係のメディア)が紹介すれば爆発的な人気を手に入れることも可能かもしれません。

この投稿の続きを読む »

大手ポータルサイトのディレクトリ登録について

ビジネスサイトを運営するのであれば是非とも知っておきたいのが「Yahoo!カテゴリ」と「クロスレコメンド」、「Jエントリー」などのディレクトリ登録です。
審査料金自体はちょっと高いですが、審査が通れば以後は月額費用や成果報酬などの追加料金は一切ありません。

この投稿の続きを読む »

LPOを考える

LPOと言うのは「Landing Page Optimization 」の略で、「ランディングページ最適化」と言われています。

基本的に、インターネットの世界において、ホームページの入り口がひとつだとは限りません。
大半の来訪者は検索エンジンから到着するのですが、全ての人が玄関ページに来ると言うわけではなく、検索ワードによっては直接商品ページに到着する場合があります。

この投稿の続きを読む »

SEOだけではない運営の心強い味方「PPC広告」

PPC広告とは通称「クリック課金」と呼ばれるインターネットで最もよく使われている広告のひとつです。

Yahoo!であれば、何か検索した際、ページの一番上や右側に「スポンサードサーチ」として目に付きやすい位置に表示され、Googleでは「スポンサーリンク」としてページの右側に表示されています(表示されていない場合は検索ワードに対して適切な広告が無いと言うことです。)
見た目としては「スポンサー」とどこかに書かれている程度で、通常の検索結果の表記とあまり変わりません。

PPC広告は1クリックにつき支払う金額と一ヶ月の支払い上限金額を設定することで誰でも出稿することが可能です。特にGoogleはカラーミーショップの新規登録キャンペーンや大手ショッピングサイトリンク集と相互リンクすることなどで5000円分の無料出稿クーポンがもらえることがあり、比較的広告出稿の敷居が低くなっています。

この投稿の続きを読む »

このページの先頭へ